織田信長公をはじめとする「織田一族」発祥の地として有名な越前町織田地区。「織田」という名字はこの地名に由来すると考えられているそうです。

織田信長公の先祖が神官を務めていたとされる越前二ノ宮・劔神社をはじめ、国宝の梵鐘(ぼんしょう)や重要文化財の釈迦八相涅槃図(しゃかはっそうねはんず)等々、歴史ロマンあふれる土地柄でもあります。


(桜の季節の劔神社)

 

そんな越前町織田に建つこのお家、敷地がなんと158坪(昨今の建売住宅3、4軒分)もある北陸ミサワホームのしっかりとしたお家です。

これだけ敷地が広いので、家の裏手の庭の一部を畑にして採ったばかりの野菜を食卓に並べるなんていう贅沢も出来てしまいます。
また、越前海岸まで車で15分程度(9Km)の距離なので、家族で海遊びに出かけて魚釣りをしたりダイビングをしたりと、休日のアクティビティも充実。
JR武生駅までは車で25分程度ですので、越前市、鯖江市、福井市まで通勤圏内ですし、理想の田舎暮らし・アーバンライフをかなえてくれる物件です。

間取りは使いやすい4SLDK。

1階は18帖のリビングに続きの和室が8帖です。子育て世帯の方は聞いたことがあると思いますが、子供たちがそれぞれ各自の部屋で勉強するよりも、リビングで勉強するほうが学力が上がるという研究結果があるそうです。子どもにはリビングで勉強させるという親も増えているようですので、このお家なら、広いリビングに勉強スペースも確保できますし、一家団欒のスペースも大きく取れます。

また、1階に南向きのサンルームがあることで家事導線が合理的に集約されていますので、日々の家事も楽ちんです。(これはたぶん設計段階から奥様の考えがだいぶ反映されています)。ドラム式の洗濯機は二層式の洗濯機に比べて大型になるので収まりが悪いことが多いですが、このお家の洗面所はかなり広く作られていますのでドラム式の洗濯機を置いてもまだまだ余裕です。

収納が多いのも特徴で、各階各部屋に収納があるのはもちろん、気になる玄関まわりも壁一面の下駄箱が設置されているので、奥様の大量の靴も息子さんのスニーカーコレクションも、ばっちり収納できてすっきりと片付きます。

もちろん1階・2階ともトイレ付き。
2階の主寝室は12帖、ウォークインクローゼットにも書斎にもなる小部屋が付いてます。そのほか7.5帖の洋間、5.5帖の洋間があります。

越前町は子育て世帯や移住者に対する住宅取得のための補助金や、リフォームに対する補助金が充実しております。気になる方はお気軽にご相談ください。

町にも海にも山にもちょうどいい距離感、理想の田舎。いいとこどりの物件です。

皆様のお問い合わせお待ちしております。

古い物件を再生してかわいくローコストに直して住むことにご興味がある方はこちらもご覧下さい(リノベーション情報サイト ほころび不動産)

販売価格 9,800,000円 建物権利 所有権
所在 丹生郡越前町織田 構造 木造スレート葺2階建
土地面積 524.0㎡(158.51坪) 築年 平成9年9月
地目 宅地 校区 織田小学校、織田中学校
土地権利 所有権 駐車場 2台(増設可)
建物面積 134.14㎡(40.57坪) 備考 田舎暮らし 庭・畑付き 海・山近い
建物種類 居宅 取引の様態 仲介

お問い合せ