JRも福鉄電車の駅なんて2つもある賑わいのある街、福井市花堂。スタバもあります。
そんな街中の小川に沿って建つ、3階建ての古いビルが今回ご紹介する物件です。
キューブ形のフォルムにカフェオレ色の外観、家の前の小川、1階の外部ほとんど半分占めてしまうくらい大きなシャッター、
そして屋上にちらりと見えるペントハウス。全てが好みです。(私の)

1階は3つのスペースに区切られています。
1番大きなスペースは、そう、あの大きなシャッターのあるところです。
このシャッター、反対側にもあり両方開け放つと、もうここは外なのか内なのか分からなくなるほどの開放感。車の出入りも余裕にできる大きさです。
中は、打ち放しのコンクリートにむき出しの配管、唯一残っているのは橙色の棚のみという圧倒的にかっこ良い空間です。
このままの姿を活かして、レストランやデザインオフィス、ギャラリー等に改装された姿も容易に想像できます。

  

  

2階への階段をとんとんと上がると住宅スペースです。
真ん中に走る廊下を挟んで、北側に洋室2部屋とDK。南側に大小の和室が3部屋。
南北の壁には、どの部屋からも出入りできるベランダがどーんと設置されています。
それから廊下の突き当りが浴室・トイレなどの水回りです。
キッチンは、修繕が必要そう。でも、トイレはきれいです。浴室は小さいながらも雰囲気は抜群でした。
この余裕のある広さと、間取り。2階部分だけで、シェアハウスやゲストハウスもできてしまいそうです。
  
3階、屋上です。傍らにはペントハウス。
360°遮るものはないランドスケープは、まるで空につながるよう。
夏の福井花火は見えるのかな?ペントハウスには月を眺める望遠鏡を入れておかないと。あとBBQ準備はかかせないな。
妄想は尽きません。

この物件を初めて見た時に想像したのは、店舗兼住宅でした。
でも、付き合っていくうちに、この立地、間取り、何より物件のもつたたずまいは独り占めしてはもったいないような気がしてきました。
多文化の人たちが生活や交流できるシェアハウス、コワーキングスペースやゲストハウス。
もともとは他人同士の仲間が寝食を共にしながら一つのものを創りあげることのできる、寮付きレストランやオフィス。
噂のAI時代を前に、人と人との関係が希薄になってきている今だからこそ、この物件の合理性と居心地の良い開放感が求められているのかもしれません。
一度、見にいらしてください。
お問い合わせお待ちしております。

古い物件を再生してかわいくローコストに直して住むことにご興味がある方はこちらもご覧下さい(リノベーション情報サイト ほころび不動産)

販売価格 12,800,000円 建物権利 所有権
所在 福井市花堂南2丁目 構造 鉄筋コンクリート造陸屋根3階建て
土地面積 377.10㎡(114.07坪) 築年 昭和42年9月
地目 宅地 校区 豊小学校、明倫中学校
土地権利 所有権 駐車場 5台
建物面積 245.54㎡(74.27坪) 備考 構築設計書、設計図書有・広い土地・ベル徒歩4分・駅近く・屋上・法令等制限(北側架橋による接道7652足羽川堰堤土地改良区連合管轄、1年分の使用量3250円)
建物種類 事務所・倉庫兼住居 取引の様態 仲介

お問い合せ